西大和学園中学校2017年第1問(5)

速さ 通過算
 長さ120mの電車A、長さ200mの電車Bがそれぞれ時速72km、分速900mで向かい合って走っています。今、電車Aの先頭と電車Bの先頭は555m離(はな)れています。このあと、電車Aと電車Bのすれ違いが終わるのは[ ]秒後となります。

Aの速さは
  72/3.6 ←km/時間×1000/(60×60)=m/秒となります。
 =20m/秒
で、Bの速さは
  900/60
 =15m/秒
だから、AとBがすれ違う速さは
  20+15
 =35m/秒
となります。
また、555m離れていたAとBがすれ違い終わるまでに進む距離の合計は
  555+120+200 ←AとBが合わせて555m進んだ後は、典型的な通過算(AがBを通過する問題)ですね。
 =875m
となります。
したがって、555m離れていたAとBがすれ違い終わるのは
  875/35
 =25秒後
となります。

このページの先頭へ